全身脱毛の脱毛方法

> > 全身脱毛の脱毛方法の違いと選び方

全身脱毛の脱毛方法の違いと選び方

全身脱毛の脱毛方法の違いと選び方のイメージ

ムダ毛をなくす脱毛サロンですが、どのようにムダ毛をなくすのでしょうか?

現在主流の脱毛方法は、医療レーザー脱毛と光脱毛、ニードル脱毛の3種類。

そのうち、脱毛サロンで導入されているのは、光脱毛とニードル脱毛です。

それぞれの脱毛方式の違いを確認していきましょう。

光脱毛

全身脱毛可能な脱毛サロンでは、ほとんどのサロンで光脱毛を採用しています。

脱毛するヶ所に光を照射することで毛根を弱らせ、ムダ毛が生えてこないようにします。

一言で光脱毛といっても、実は様々な種類があります。メジャーな方法を紹介していきます。

IPL脱毛

インテンスパルスライト脱毛。赤ら顔やニキビ跡などの改善目的で使用されてきたIPLに脱毛効果も認められたことから、IPL脱毛が誕生しました。フォトフェイシャルと同様、メラニン色素に反応。毛根には脱毛効果を、肌には新陳代謝を促す効果があります。医療レーザー脱毛に比べ、痛みが少なく、ゴムで弾かれる程度です。

導入しているサロン

  • 銀座カラー

S.S.C.脱毛

正式名称はスムースSkinコントロール。抑毛効果のあるジェルを使って、成分を浸透させていく方式です。ジェルの抑毛効果と照射効果の両方で脱毛していきます。IPL方式よりも痛みを感じにくい方式です。肌へのダメージも少ないと言われています。

導入しているサロン

  • ミュゼプラチナム
  • 脱毛ラボ

ハイパースキン脱毛

3歳から照射できるほど痛みのない脱毛方式です。毛の種に作用し、毛を生えてこなくする方式です。他の光脱毛と違って、黒に反応するわけではない=毛根を焼くわけではないので、冷却の必要がありません。そのため、不快なひんやり感を感じることなく施術が完了します。

若干のIPL光も含んでいるため、脱毛と同時にフォトフェイシャル効果も得ることができます。

導入しているサロン

  • ディオーネ

冷却ヘッド方式(ジェルなし)

光自体は通常の光脱毛の光ですが、照射時に冷却ジェルを使用しない機械を導入しているサロンもあります。ジェルを使用しないからといって冷やさないわけではなく、機械のヘッドが冷却機能を備えているため、ジェルがいらないのです。体感としては、冷えたバターナイフ(もしくはロクシタンのスパチュラ)を肌にあてながら光を照射されるような感覚です。ジェルを使用しないということは、ふき取りも発生しませんので、くすぐったがりの人にはおすすめです。

導入しているサロン

  • ジェイエステ
  • キレイモ

レーザー脱毛

医療機関のみに許された脱毛方式がレーザー脱毛です。照射する波長が異なり、光脱毛に比べ威力が強く、永久脱毛と謳うことを許されています。

ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなどを使います。

どの機器も、黒い光に反応してムダ毛を処理する、つまり、毛根を焼く方式です。

光脱毛に比べ威力が強力な分、痛みもそれなりです。ただし、威力が強い分、光脱毛と比べると少ない回数で毛が生えてこなくなります。

料金もやや高めなので、お金で時間を買いたい人はレーザー脱毛も良いでしょう。

(参考)通いやすい医療レーザー脱毛クリニックを調査

ニードル脱毛

毛穴に針を刺し、電流を流すことで毛根にダメージを与える脱毛方式。アメリカでは一般的です。

確実に毛根を破壊しますが、痛みはとても強いです。

ホクロ毛や瞼などのちょっとした毛を処理するのに最適です。

1本単位で料金がかかるため、広い範囲を施術すると数百万円かかることもあるそうです。

導入しているサロン

  • TBC
  • 一部クリニック

全身脱毛の脱毛方式まとめ

広い面積を脱毛するなら、光脱毛か医療レーザー脱毛のどちらかがおすすめです。

痛みを我慢したくない人は、光脱毛の脱毛エステへ、

痛みを我慢しても早く終わらせたい人は、クリニックの医療レーザー脱毛へ行くと良いでしょう。

(図01を挿入)

脱毛方式による違いは上の図のとおりです。

デリケートゾーンも全身脱毛する場合、どうしても痛みに耐えられそうにない場合は、SSC方式もしくはハイパースキン脱毛のサロンを選ぶと良いでしょう。


ページのトップへ