未成年も全身脱毛できる脱毛サロン

> > 中学生や高校生、未成年が全身脱毛できるのはどの脱毛サロン?

中学生や高校生、未成年が全身脱毛できるのはどの脱毛サロン?

最近全身脱毛を増えてきて、今では男性も脱毛をするほど、全身脱毛がとても身近な存在となりました。

全身脱毛を行う人の半数以上は、成人していて働いている人ですが、残りは、未成年、中学生や高校生です。

今回は、その全身脱毛をしたい思っているが働けない中学生、働いているけどどこに行ったらいいかわからない高校生などはどうしたらいいのか見てみましょう

中学生や高校生も全身脱毛をできるところはあるの?

まずは、全身脱毛が行える脱毛サロンはここ数年でとても増えてきました。

ですが、どのサロンも、中学生、高校生といった未成年の人の脱毛は、親の同意書や親の同伴がなければ施術を行えなえません。

同意書があっても、親に確認の電話確認を行うところもあります。

保護者の同伴必要

・ラヴォーグ(初回無料カウンセリング時に契約をしたい場合。後日同意書提出で契約も可。年齢制限ありで、16歳以上)

・ミュゼ(初回無料カウンセリング時に契約したい場合。後日同意書提出で契約可。年齢制限なし)

・ディオーネ(18歳未満は同伴。年齢制限なし)

保護者の同意書で契約可能

・キレイモ(年齢制限なし)

・脱毛ラボ(年齢制限なし)

・シースリー(年齢制限なし)

できれば保護者同伴でカウンセリングを受けましょう

同意書があれば契約をできるサロンでも、できれば親御さんと一緒にカウンセリング受けたほういいです。

やはり、大人でないと理解できない言葉もありますし、費用や、施術方法などを、しっかり理解するためでもあります。

親からしたら自分の子どもに手を加えられるわけですから、心配になるの当然ですし、明確な費用を知っておきたい、わからないことはその場で質問できますから、親としても同伴のほうが安心できます。

全身脱毛はやりたいけど少し不安、安全なの?

どんなに脱毛したいと思い通っても、安全なところでないと通うことはできませんよね。

一昔前に世に出回ったレーザー脱毛はきいたことありますか?

これは、お肌にとてもダメージが強く、火傷の心配もかなりあり、痛いですし、大人でも痛くて投げ出す人がいたほどのものでした。

しかしここ数年で若い年代の脱毛が増えてきたことにより、痛くないのが当たり前といわれるほど、痛みの少ないもの、痛くないもの、さらには、お肌にエステ級の潤いを与えてくれるものまで登場しました。

痛みに関してはもちろん個人差ありますし、毛の密集しているところや、毛が濃くなっているところはチクッとするところもあります。

ですので、安全面に関しては、大人も子どもも安心のお肌トラブル少なく、痛みも少なく、料金も少なく、といった嬉しい脱毛時代へと変わってきたので安心してください。

脱毛サロンに通えるまでの道のり1、親の同意を得よう

成人している人とは違い、思い立ったらすぐに行けるものでもないのが未成年の悔しいところです。

サロンに通うには、親の同意、お金の有無、時間の確保等があげられますが、まずは親の同意ですが、これが家庭により、3っつのうち1番難しいかもしれません。

泣かずとも 同情させよう 毛深さで

親御さんは、若い世代の流行に鈍感になっているのが普通です

ただやりたいと言ってもなかなか相手にしてくれませんので、学校のみんなもう脱毛しているんだよ。今は毛同世代の若い子が脱毛に行くのは当たり前であることをアピールし、もしあなたが毛深いのであれば、最後の一押しに、こんな毛深いの恥ずかしいというのも打ち明けましょう。

これを言われてかわいそうに思わない親御さんはほとんどいませんので、料金が高くないと知れば同意書にサインをしてくれることでしょう。

びんかんよ おかねのはなし しんちょうに

今は物価の値段も上がったり、共働きが当たり前の時代で、お金にはどこの親御さんも敏感になっていますので、エステなどの贅沢なものはもってのほかと思っている家庭が多いです。

どんなに子どもが毛深くてかわいそうと思っても、実際に家にお金がなくては通わせてあげることもできませんし、脱毛というのはエステ並みに高級で、お高いという先入観がありますので、今はどれだけ安くなっているのかというのを知ってもらう必要がありますから、今はとっても料金が安くなって学割もあるし、安全に脱毛してもらえるというのを伝えましょう。

料金が安いと知ると同意書にサインをしくれる親御さんも多いでしょう

つるつるに おやこでなろう おかあさん

あなたがお母さんと仲良しなら、一緒にやろうと誘ってみましょう。

やはり子ども一人でサロンに通わせるのは不安に思う親御さんも少なくありませんので、それならいっそ一緒に通ってしまえばその心配もなくなりますし、親子そろってつるつるになってしまいましょう。/p>

親は、自分の子どもがかわいく、美しくあってほしいと思っているものですから、言い方を工夫すれば同意してもらえる可能性はぐんとあがります

脱毛サロンに通えるまでの道のりその2 金額を把握しよう

一番肝心なのは料金ですので、高校生で働いている人は自分で支払っていけるのか、中学生など、働けない人は親御さんに払ってもらえる金額なのか、とても重要な部分ですので、いくつかのサロンの金額をあげてみましょう。

・ラヴォーグ(55部位1,435円、26部位1,019円定額制)

・ミュゼ(1回42,000円、4回168,000円、6回252,000円回数制)

・ディオーネ(12回コース(顔除く)360,000円)

・キレイモ(3年コース月7,614円、2年コース月8,454円、1年コース月8,858円パック制月々支払い)

・脱毛ラボ(1回1,980円~5,980円の単発、48部位109,760円、24部位78,760円、12部位56,760円のパック制、48部位1,990円、24部位1,490円)

・シースリー(7,500円の月額制、永年保証)

どこがいいのかわからない!そんなときはキレイモへ

今、数々の脱毛サロンが存在していて、そこのサロンが良いのか分からないですよね。

そんなあなたにおすすめなのはキレイモです。

キレイモは定額制の年数式パック購入で、普通パック制度のサロンはパック料金を一括で購入し通いますが、キレイモでは、月額制なので月々無理なく支払いができるタイプですし、学生に優しい学割もありとても安いのものですから、アルバイトをしている高校生も、1万円でお釣りがくるほどです。

また、キレイモは予約がとりやすいことでも有名ですし、閉店時間も21時なので、部活が終わった後でも来店することが可能です。

今は通えないあなたがするべき処理方法

今は都合が合わないため通えないけど将来的に通いたいと思っているあなたは、これからの自己処理が大切となってきます

これはだめ!危ない

自己処理でこれはやってはいけないという方法がいくつかあります。

それは、毛抜き、剃刀、ワックスです。

どれも埋没毛の原因となりますし、どれもお肌へのダメージがとても多いものであるからです。

剃刀は割りと一般的ですが、これは毛の逆向きに剃ることにより埋没毛となり、剃刀はお肌をうすく削っているので乾燥の原因となるからです。

そして乾燥肌への脱毛はお肌に悪影響ですので保湿を怠らないようにしましょう。

まとめ 安くて安心のキレイを

いかがでしたでしょうか。全身脱毛はとても簡単にできる時代になりましたが、それなりにお金もかかります。

自分にも家庭にも無理なく安全に全身脱毛を行いましょう。

そして、日ごろの保湿ケアを怠らずにしましょうね。


ページのトップへ